腹筋器具

腹筋器具とは


腹回りのだぶつきが気になった時、一度は「腹筋器具」の購入を考えたことがあるのではないでしょうか?テレビ通販などで、夢みたいな効果をうたい文句に売られている腹筋器具はお腹周りが気になる人には魅力的に見えてくると思います。安い、高い、つけるだけ、大きい、スポーツクラブにあるような本格的な物など沢山の腹筋器具があります。

通販でついつい購入してしまい、数種類の腹筋器具を持っていたりしませんか?腹筋器具でお腹周りは鍛えられるのでしょうか?「腹筋を割りたい場合」、「体重を落としたい場合」、「ウエストを絞りたい場合」も同じ腹筋器具で良いのでしょうか?

腹筋器具にもいろいろありますから自分にあった腹筋器具が効く物があるかもしれませんね。でも本当に腹筋器具は必要なのでしょうか?ちゃんと続ければ効果は出る?でも、続けられなければムダになってしまいます。続けられれば腹筋器具なんて使わないトレーニングで充分ではないでしょうか?

実は、私もお腹まわりに巻くタイプのベルト状の腹筋器具を使ったりもしました。ただ、あれって辛いんですよね。自分が動かなくて済むだけで、楽して筋肉が付くわけではありませんでした。お腹への振動がひどすぎて、続ける気になれないんです。

器具を使わずに腹筋を鍛える方法もあります。まずはストレッチをして、呼吸に気をつけるだけでも引き締まります。成長過程での運動全てが体を鍛えるトレーニングでした。泣き声をあげ、首が座り、仰向きでじたばたし、うつぶせになり、ハイハイをはじめ、立ち上がり、歩き出す。これらは大人になってからのトレーニングにも応用できます。腹の底からおぎゃーおぎゃーと泣きながら吐くような呼吸は、腹筋それもインナーマッスルを鍛えるのに効果的です。「おぎゃー」と言う必要はありませんが、「あー」でも良いですし感覚が分かるなら声を出さなくても良いのです。これはヨガの呼吸法に通じます。

そうは言っても、この方法の腹筋の効果はたかが知れています。シックスパックと呼ばれる6つに割れたお腹を手に入れたいとか、プヨプヨしてたるんだお腹をどうにかしたいとか、そういうレベルの人には不十分です。あくまで、気休め程度の方法なので。

そこで、見ておいてほしのが、器具を使わずに簡単に腹筋を鍛えるためのこのホームページです。根性論ではなく、科学的に見て効果的に筋肉を付ける方法が説明されているので、筋トレの大変さを最小限にしてくれます。


1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?