加圧ベルト

加圧ベルトについて



加圧トレーニングは、専門のお店に行きトレーナーに圧を測ってもらって、専用の加圧ベルトや加圧ウェアを着たりして行うもので、サイズが変わると購入し直しや設定し直しが必要となります。

もっと気軽に加圧トレーニングを行いたい場合もあると思います。その場合は、ソフト加圧ベルトや加圧パンツ、タオルなどで代用できます。もちろん専門家について専門の加圧ベルトを使った場合とは効果は比べようが有りませんが、「ちょっと健康になりたい」「お金をかけたくない」「時間がとれない」という人には有用です。効果が少なくても、専門の加圧ベルトを使うよりも安心で安全なトレーニング方法と言えます。

他に、スロートレーニングというトレーニング方法が加圧トレーニングと同じような効果を期待できます。簡単に言うとゆっくり動くトレーニング方法で、最後まで伸ばさず、途中でとめて次の動きに移るといった感じでしょうか。普通の筋トレをする時にゆっくり行った上に関節をのばしきらず途中とめ、戻って行きます。常に力の入っている状態で、加圧ベルトの代わりに自分の筋肉を使うような感じですので。筋トレの途中で止めるのは、筋肉に力を入れ続ける為です。腕立て伏せならあがった所で一休みしすることもあるでしょうが、そこで腕を伸ばしきらずに体を下げて行くと言う感じで、スピードは3秒くらいはかけて行います。専用の加圧ベルトじゃなくても、加圧トレーニングの効果とされる「アンチエイジング」・「筋力の強化」・「肩こりの改善」・「腰痛の改善」・「冷え性の改善」・「血行不良による内臓の不調や女性病」・「スタイルアップ」・「くびれ」に同じような効果が見られるでしょう。

むしろ、加圧ベルトは間違った使用法によって、体に悪い影響を与えてしまいます。専門のトレーナーに指導を受けるのではない限り、あまり効果のない程度の不可にとどめるか、リスクを取ることになってしまうのです。

私も様々なトレーニング方法を試してきましたが、あえて加圧ベルトを使って筋力をアップさせる必要はないと思っています。そこまでしなくても、もっと手軽に筋肉を付けられる方法があるので、詳細はこちらをチェックして下さい


1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?