筋トレ

筋トレで広背筋を鍛えるには



広背筋を鍛える事ができる筋トレをする事によって、背中だけではなくて太ももの裏側やお尻までのラインをしっかりと鍛える事ができるのです。男性でも女性でも引き締まった背中からお尻のラインは魅力的です。ダイエット効果もあるし見た目もスッキリできるので広背筋を鍛えたいと思ったら何をしたらいいのでしょうか?

広背筋を筋トレするために必要なのは、一般的な筋トレでは腹ばいになって手足を広げます。そして次に背中と手足を反らせるという運動をします。そうする事によって広背筋は鍛える事ができるのです。ただし問題があります。それは初心者がこの筋トレをする事によって、筋肉を傷めてしまう可能性があるのだそうです。

そこで広背筋を筋トレする時に、初心者でも筋肉を傷めないような筋トレの方法を探すしかありません。一番簡単なのはベンチプレスをする時のようなベンチのような台を利用して、鍛えるのと反対側の脚と手をついて、背中をまっすぐにした状態でダンベルを持ち上げるというものです。

この時の注意点としては、広背筋をしっかりと意識する事と、ダンベルを腰の位置までしっかりと持ち上げるという事です。この方法だと手と脚で支えて行うので、腰の筋肉などを傷めずに済むというのが最大の利点なのではないでしょうか。また、筋肉痛などを起こすのもあまり良いことではありません。

残念なビール腹だったのに・・・
楽して割れた腹筋が可能になった理由とは?


1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?