バーンマシーン スピードバッグ

バーンマシーンのスピードバッグの使い心地


運動不足とたるんできたお腹が気になるものの、時間をかけてトレーニングをするほどのヒマと気力がない中で見つけたのが、バーンマシーンのスピードバッグでした。
短時間で瞬発力と持久力の両方を強化できるということで、これなら続けられるのではないかと思い、取り寄せてみることにしました。これまでもビリーズブートキャンプをはじめ、いくつかのトレーニングを試したものの、長いものはダメだったので、すぐに終わるバーンマシーンのスピードバッグを選んだのです。
格闘家をはじめとして、プロ・アスリートが使用しているというので、期待半分、ハードすぎるのではないかという不安半分だったのですが、実際に手元に届いたバーンマシーンのスピードバッグを見ると、シンプルながら近未来的、ある意味ドラえもんの秘密の道具のような感じがしました。
DVDも付いていたものの、面倒なので飛ばして実際に使ってみました。手に取れば動かし方ぐらいは分かったので、とにかくバーンマシーンのスピードバッグを自分なりのやり方で回してみましたが、思った以上に短時間でへばりました。全力疾走の7割、8割で走っているぐらいの消耗です。
事実、翌日には久しぶりの筋肉痛が肩回りや背筋を襲いました。わずか1,2分のトレーニングにも関わらず、これだけの充実感を味わえるのは、バーンマシーンのスピードバッグが初めてです。
なお、最初はとりあえず手にとってバーンマシーンのスピードバッグを使い始めましたが、一度はDVDも見ておいた方が良さそうです。上手な使い方が説明されているので、それを知っておいた方が効果的です。
短時間でトレーニングをするというと、いかにも辛いイメージを持つかもしれませんが、個人的な感想としては、バーンマシーンのスピードバッグの方が腹筋をやるよりも楽です。実際、腹筋は続いたためしがありませんが、スピードバッグは1ヶ月が過ぎても続けています。それでいて、全身のトレーニングになるのだから本当に助かっています。


スピードバッグの詳細はこちら

 
1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?