体幹 トレーニング

体幹のトレーニングとは



体幹(コア)のトレーニングは、実にたくさんの種類があります。普段生活している動きも体幹のトレーニングの一つとも言えるでしょう。これを意識的にバランスよく行って行きます。

 スポーツの為に体幹のトレーニングを行いたい場合、その種目毎に体幹のトレーニング方法は変わってきます。

例えば、水泳の場合、体幹のトレーニングはプルやキックの左右バランス、ストリームラインの強化に重要と言えるでしょう。大小様々な大きさのバランスボールを使用し体幹のトレーニングを行うこともあります。普段の椅子の替わりにボールを使っても良いでしょう。スイマーの陸上でのコアトレーニングはストロークの入水やキックの動き、ストリームライン、リズムを意識して行って行きます。又、水泳はその運動そのものが体幹のトレーニングとも言えますが、実はダイエットとしての水泳は体幹がしっかりしているとあまり効果がでないかもしれません。バランスよく泳げる人はあまり、エネルギーをロスしません。水泳経験者は体幹のトレーニングやリラックスの為の水泳は良いでしょうが、カロリー消費という意味ではあまり意味がありません。少々のスイムでは疲れも市内と思います。もっとも現役時代の量をこなせば効果が出てくるでしょうが、そんな長い時間泳ぐ事は社会に出てからは難しいのではないでしょうか。

サッカーの場合、下半身の強化が重要視されますし、野球の場合は腕や握力の強化が必要となります。そしてそれを支える体幹のトレーニングは重要不可欠です。幼児が発達していく過程は、スポーツトレーニング過程に応用できます。体幹を鍛えてから手足のトレーニングを行って行かないと故障の多い選手になってしまうかもしれません。

残念なビール腹だったのに・・・
楽して割れた腹筋が可能になった理由とは?


1日10分以下で腹筋を割る! モテる筋肉、モテない筋肉 筋肉に投資をした後で 海外は地獄?